• ホーム
  • 新生児のインフルエンザを予防するには

新生児のインフルエンザを予防するには

ベッドでせきが出る女子

子供が生まれてこれから冬がやってくるということになると、インフルエンザの脅威に立ち向かわなければならなくなります。
新生児は免疫力が低い状態であることから、インフルエンザウイルスにさらされてしまうと感染してしまうリスクが高いでしょう。
そうでありながら、症状としても高熱に苦しめられるという点で成人と同様であり、体力も十分にないことから肺炎や脳症を起こして重篤化してしまうことがよくあります。
そのため、新生児がいる場合にはインフルエンザの時期がやってきたら十分な予防策を立てていくことが大切です。
新生児は日常的に家族と一緒にいることがほとんどであり、家から出ることがあっても常に家族が一緒です。
そのため、新生児のインフルエンザの感染源として最も一般的なのは家族なのです。
そのため、新生児のインフルエンザを予防するには、家族がインフルエンザにかからないということが最も重要になります。
抗インフルエンザ薬の予防投与を行うことによって流行期には万全の対策を取るというのが一つの選択肢です。
また、時期的に問題がなければ家族そろってワクチンを接種することにより、感染するリスクを下げておくことが大切になります。
そういった万全の予防策を怠ってしまい、家族の中にインフルエンザにかかる人が出てきてしまった場合には、できるだけ接触を避けることが何よりも大切です。
飛沫感染を防ぐためには咳やくしゃみが届くようなところにいないということが重要だからです。
一方、接触感染のリスクを下げるためにこまめに掃除をしたり、手指の消毒をしたりするという心がけも大切です。
家族全員で予防の取り組みを行っていくことが新生児を守ることにつながるのです。

関連記事
空気の乾燥でインフルエンザが流行 2019年11月21日

空気が乾燥してくる季節にはインフルエンザが流行します。ウイルスは比較的乾燥に強く、乾燥状態が続くと喉や気管支炎は防御することが弱くなるため、ウイルスに感染しやすくなります。ウイルスによる感染を防ぐ方法のひとつに室内では加湿器を使用して適度な湿度を保つことが重要です。ウイルスに感染しないようにうがい、...

インフルエンザの予防対策はエボラ出血熱にも有効 2019年10月26日

日本では11~4月の時期が一番インフルエンザにかかりやすい時期であるといえます。非常に空気が乾燥するので、予防対策として様々なことが行われます。インフルエンザ予防として一般的に行われるのは、室温を20℃、湿度を40%以上に室内環境を保つことや、外出時の手洗いやうがい、マスクの着用などを義務付けたり、...

ワクチン製造問題や治療薬でインフルエンザ予防と加湿器 2019年10月01日

インフルエンザの予防をするということはその大流行を防ぐために重要なことであり、社会的な取り組みも必要ですが、個人が意識して取り組むことも不可欠です。インフルエンザ予防のために個人ができる確実性の高い対策としてあげられるものには二つあります。一つがワクチンを使用して予防接種を行うというものであり、実際...

インフルエンザ完治後に抗体ができても安心できない 2019年09月02日

インフルエンザには原因となるウイルスの抗原性からA型およびB型とC型の3つに大きく分けられます。感染すると症状に大きな違いはなく、発熱・悪寒・関節痛・筋肉痛・鼻水といった風邪に似た状態になり、悪化すると肺炎などの合併症を起こすことがあります。毎年流行する感染症としてA型とB型が挙げられますが、C型は...

低体温や妊娠中のインフルエンザなどについて 2019年08月13日

妊娠中の人は免疫力が低下していることもあってインフルエンザにかかりやすくなっています。さらに低体温の人も、常に体が冷えている状態となっていて、平熱の人よりも免疫力が下がっているので、インフルエンザや風邪などにかかりやすくなってしまうのです。人の体温と免疫力には密接な関係があり、体温が1度下がれば、免...