• ホーム
  • インフルエンザの予防対策はエボラ出血熱にも有効

インフルエンザの予防対策はエボラ出血熱にも有効

日本では11~4月の時期が一番インフルエンザにかかりやすい時期であるといえます。
非常に空気が乾燥するので、予防対策として様々なことが行われます。
インフルエンザ予防として一般的に行われるのは、室温を20℃、湿度を40%以上に室内環境を保つことや、外出時の手洗いやうがい、マスクの着用などを義務付けたり、トイレのこまめな掃除、あるいはドアノブやスイッチなど、不特定帯数が触る恐れのある場所はしっかりと消毒するなどがあります。
また、会社によっては予防対策として会社の玄関入口に消毒液を用意して入退出時には消毒液で手を消毒するなどを義務付けているところもあるようです。
実はこういったインフルエンザの予防対策は、エボラ出血熱にも有効であるということはご存知でしょうか。
エボラ出血熱は現在まだ日本での感染者は報告されていませんが、海外からの観光客が急増している現在では、エボラ出血熱を空港で足止めするのは限界があり、日本で感染者が出てくるのももはや対岸の火ではありません。
また、エボラ出血熱は予防ワクチンも存在せず、近年に富士フィルムの治験薬であるファビピラビルがエボラウイルスに効果があるという報告がされていましたが、まだ公的機関では薬の認可は正式に認められていないというのが現状でもあります。
そのため、私たちが自らの手で感染予防をすることでエボラ出血熱を食い止めることが必要となるのです。
ただ、エボラ出血熱の場合はンフルエンザの予防対策に加えて、エボラウイルスの感染経路や知識などを身に付け、海外に行く予定がある場合には事前に海外の感染状況などを詳しく調べてこおくことも重要となります。
必要以上に怖がる必要はありませんが、備えあれば憂いなしなので、インフルエンザとともにしっかりと予防対策を行っていきましょう。

関連記事
空気の乾燥でインフルエンザが流行 2019年11月21日

空気が乾燥してくる季節にはインフルエンザが流行します。ウイルスは比較的乾燥に強く、乾燥状態が続くと喉や気管支炎は防御することが弱くなるため、ウイルスに感染しやすくなります。ウイルスによる感染を防ぐ方法のひとつに室内では加湿器を使用して適度な湿度を保つことが重要です。ウイルスに感染しないようにうがい、...

ワクチン製造問題や治療薬でインフルエンザ予防と加湿器 2019年10月01日

インフルエンザの予防をするということはその大流行を防ぐために重要なことであり、社会的な取り組みも必要ですが、個人が意識して取り組むことも不可欠です。インフルエンザ予防のために個人ができる確実性の高い対策としてあげられるものには二つあります。一つがワクチンを使用して予防接種を行うというものであり、実際...

インフルエンザ完治後に抗体ができても安心できない 2019年09月02日

インフルエンザには原因となるウイルスの抗原性からA型およびB型とC型の3つに大きく分けられます。感染すると症状に大きな違いはなく、発熱・悪寒・関節痛・筋肉痛・鼻水といった風邪に似た状態になり、悪化すると肺炎などの合併症を起こすことがあります。毎年流行する感染症としてA型とB型が挙げられますが、C型は...

低体温や妊娠中のインフルエンザなどについて 2019年08月13日

妊娠中の人は免疫力が低下していることもあってインフルエンザにかかりやすくなっています。さらに低体温の人も、常に体が冷えている状態となっていて、平熱の人よりも免疫力が下がっているので、インフルエンザや風邪などにかかりやすくなってしまうのです。人の体温と免疫力には密接な関係があり、体温が1度下がれば、免...

新型インフルエンザ予防のひとつに飛沫感染対策がある 2019年07月18日

毎年秋冬になるとインフルエンザが流行するようになります。流行は11月ごろから翌年の3月くらいまで続きます。インフルエンザの感染力は強く、感染すると高熱や体の倦怠感、呼吸疾患などが現れ、幼児や高齢者、妊婦さん、喘息等の持病を持つ人は重症化する恐れがあるので注意が必要です。インフルエンザは毎年流行する型...